モテ男のレディーファースト術

モテる男はレディーファースト。でもレディーファーストって具体的にどんなことを言うの?

風俗嬢にモテる男になりたい!サイトマップ

風俗嬢と遊びたいなら

いきなり風俗嬢!というのはハードルが高い…でも女の子と触れ合いたい、会話の練習がしたいという場合は風俗エステやメンズエステがおすすめ!女の子のに慣れていない初心な男子も遊び疲れた慣れた男性も優しく包み込んで癒してくれますよ〜。

風俗エステ・メンズエステってどんなトコ?どんなコトが出来る?

風俗でレディーファーストができる男はモテる

モテ男のレディーファースト術

風俗嬢にもてる要素といえば、指名を繰り返す、チップをあげて、絶え間ない賞賛の声を送る……、など女性の心を鷲掴みするには基本女性の立場に立つことが必要ですね。デリヘル、ソープにピンサロ嬢、それぞれ春をひさぐ立場は若干異なりますが、お客に対してポジティブな印象を持つ場合、ある共通点があることをご存知でしょうか?

そう、それこそが紳士的であるか否かということ。つまりレディーファーストが自然とできるか・できないかがキーポイントになってきます。

日本は欧米と異なりレディーファーストがマナーとしてしっかり根付いていないこともあり難しいのですが、例えばそっと知らぬ間に会計を済ませてくれた、車道側を歩くのはいつも男性、あとは椅子を引いてくれるなどがその最たる例でしょうか。

風俗でレディーファーストをする必要があるのかということですが、無理にする必要はありません。しかし特に女の子から評判のいい男性はその辺のマナーをわきまえており、ナチュラルでスマートに女性と接しているのです。

風俗嬢が喜ぶレディーファーストとは?

エスコートを自然にできる男性、それをモテ男と言います。決してイケメン=モテるという訳ではありません。

まず風俗嬢と仲良くするには、女性と対等の位置まで自分を下げる、または女性を自分と同じ位置まで上げることからスタートし、女性とプレイに過度な期待を持たないこと。「お金を払っているから!」、「お金の対価がサービスなんだ!」と上から目線で物事を考えると、風俗で遊ぶ際もポロっと嫌な自分、意地悪な自分が出てしまうのです。

風俗で求められるレディーファーストの例をまずは挙げましょう。例えばコンドームは初めから最後まで徹底使用し女の子が嫌がるプレイは強要しない、そして他の女の子とのプレイを比較せず、土足で彼女達のプライベートゾーンに踏み込まないこと。また自宅にデリヘル嬢が来る場合は清潔感がある部屋、シャワー環境を整えることも忘れてはなりません。。

もちろんユーモアや会話のキャッチボールが上手にできるのもレディーファーストとして弁えておきたいところですね。基本的に自分自身の清潔感やイキがらない態度、そして独りよがりの自慢話しをせずに、女性を思いやる姿勢こそが風俗におけるレディーファーストというものです。

どんなレディーファーストが正解で不正解などはありません。まずは自分のできる範囲で少しづつマナーとしての女の子との接し方に慣れていきましょう。もちろんこれらは風俗だけでなく社会生活でも大切になってくることはいうまでもありません。

過度のレディーファーストはウザがられる?

風俗嬢の立場で捉えると嫌なお客に合うことは日常茶飯事、だからこそ男性の少しの優しさや思いやりにキュンときてしまうのですね。

しかしながらレディーファーストはあくまでナチュラルが基本であり、その気遣いを相手に気づかせてしまえば、それはおせっかいやありがた迷惑に変換されてしまうことも……。

必要以上のレディーファーストの境界線を敷くことは難しいのですが、あくまで相手は風俗嬢であり恋人ではない!ということを忘れずに、場違いなレディーファーストを見せないような匙加減で接していきましょう。

風俗嬢とお客の関係の中で、それ以上のワクワクや期待を持たない。風俗嬢がされて喜ぶと思われる気遣いを自分なりに考えて、ナチュラルに飾らずに態度、言葉に移していきましょうね。