訳の分からない誕生日プレゼントが嫌!

訳の分からない誕生日プレゼントが嫌!について解説します。

風俗嬢にモテる男になりたい!サイトマップ

風俗嬢と遊びたいなら

いきなり風俗嬢!というのはハードルが高い…でも女の子と触れ合いたい、会話の練習がしたいという場合は風俗エステやメンズエステがおすすめ!女の子のに慣れていない初心な男子も遊び疲れた慣れた男性も優しく包み込んで癒してくれますよ〜。

風俗エステ・メンズエステってどんなトコ?どんなコトが出来る?

誕生日プレゼントはいらない!風俗嬢の本音

訳の分からない誕生日プレゼントが嫌!

お気に入りの女の子ならば、やはりもっと自分を見てほしい!もっと仲良くなりたい!と思うのが至極自然なことかもしれません。風俗業界ではリアルライフでなかなか手の届かない高嶺の花の女の子と知り合うことができますからね……。 実際多くの男性客は、お気に入りの女の子の誕生日を祝うギフトを持参する方は少なくありません。しかしこのプレゼント大作戦、風俗嬢の立場からすると、大変な有難迷惑であることはご存知でしょうか?もちろん今日明日食べる為のお金もギリギリ、パンティーもジーンズも一枚しかない!という女性に一種の御恵みとして洋服や生活必需品を買い与える極端な例は除きますが、全般的にお客からの誕生日プレゼントは喜ばれません。 風俗嬢の本音として「誕生日プレゼントなんかいらない、キモイ……」、「客は何を持ってくるかわからない!」と思う方が90%以上。一つの思いやり、一つのお近づきの印のプレゼントがなぜにここまで嫌われるのか? それは全く持ってセンスの欠片もない誕生日プレゼントのチョイスが原因です。男性が着てほしいと思う下着に洋服、チープなアクセサリーに肌質を考慮にしない化粧品などなど……。自分がまず同じ立場であったら、どうでしょうか? 痛いお客さんと判断されない為にも、余計なプレゼントによる気遣いは無用です。


貰って困るゴミ箱行きのギフト例

実際貰って困るプレゼントは、即ゴミ箱行きになるか、アプリなどで転売されるかのどちらかの運命をたどることになります。デリヘル、ヘルスなどの待機室などでは、「こんなの貰ったんだけど……」という下世話な会話でキャスト同士が盛り上がるわけですが、プレゼントをあげたお客本人は不憫でなりません。 ここでは参考にしたい、全く持って喜ばれないプレゼントの例を挙げていくの参考にしてくださいね。

  1. @生菓子
  2. A花束
  3. B化粧品
  4. Cセンスのかけらもない洋服
  5. Dとりあえずのペットボトル飲料
  6. Eサプリメント、コスメ
  7. F大人の玩具
  8. Gコージコーナーシュークリームなどデパ地下等の食品
  9. H手作りの何か
  10. I読みもしない本

これらは必ずしも女性から嫌がられるという訳ではありませんが、基本的に受け付けない女性が多いでしょう。 逆に喜ばれるプレゼント、それはクオカードやアマゾンカードなど買い物ができるもの、また貴金属やブランド物などの換金性が高いものに限るということも覚えておきましょう。

どうしても喜ばせたいなら生金を

しばし風俗嬢の話の種として尽きない誕生日プレゼントネタですが、一番失敗のないもので、なおかつ喜ばれるのは現金であることは言うまでもありません。随分げんきんですが、やはり生活資金に趣味嗜好に即消化できるリアルマネーは、やはり圧倒的な人気です。 それをチップとして支払うのもスマートかもしれませんね。少しのスペシャルを付加したい場合は、ちょっとしたご祝儀袋を用意しましょう。額に関してはやはり誕生日という節目のギフトという側面を考えて、最低でも5000円は包みたいところ。 ただしこれは利用する風俗店、女性のレベルによって異なります。高級店になればなるほど、それ相応の金額を用意することになるので、その点には注意してください。 風俗嬢の立場からすると、やはり最低でも諭吉は一枚、複数あればなお嬉し!といった具合でしょう。下手なギフト選びに迷うのならば、100均の御祝儀袋を用意して、万札をスッと忍ばせ、帰り際に「お誕生日おめでとう!」とさりげなく手渡してください。 きっと女性も歓喜の顔で次回の指名時には、少しだけいいことが待っているかもしれません。